MENU

clear
Zihuatanejo to me

ブログカテゴリー

最新の記事

メニュー

SNS

gitコマンドを短く設定

目次

    gitエイリアスのメモ

    こんにちはキヨシ太夫です。

    今日は、ターミナルでのgitコマンドの短縮方法を備忘録として残します。

    誰かの参考になれば!!

    GitHub

    参考記事

    参考記事記載します。

    https://qiita.com/peccul/items/90dd469e2f72babbc106

    gitコマンドの短縮系とは

    チーム開発をしている方でgitを使わない人は今時珍しいかと思います。

    私なんかは個人開発でも使うくらいです。

    で、gitを使う場合によく使うコマンドってありますよね。

    statusやらbranchやら。

    毎回キーボードを打つの面倒じゃないですか?

    短縮系のコマンドを設定しちゃいましょうよ。って話です。

    ちなみにエイリアスって言います。

    設定方法

    設定方法は簡単。

    例えば、git statusをgit stに設定したい場合は、

    git config --global alias.st status
    

    これだけですww

    公式的に書くと、

    git config [option] alias.短縮形 展開形

    となります。

    どの範囲で適用させるかなどやり方はオプションは様々ですが、ユーザー単位で適用させるglobalオプションがベターかと個人的には考えています。

    キヨシ太夫の最低限エイリアス

    以下最低限のエイリアスです。

    git config --global alias.st status
    git config --global alias.co checkout
    git config --global alias.br branch
    

    これだけは最低限生産性を上げるためにも必須かと。

    他にもいくらでも短縮できますが、間違えると面倒なpushやpullなんかは短縮しなくてもいいかと(すでに短いしねww)

    最後に

    個人的には、生産性を上げるためにエイリアスは重要だと考えています。

    が、ただ短くすればいい訳ではなくて、あえてエイリアスを使わないことで、ミスを減らすことも重要かと思っています。

    例えば、pullやpush、commitなんかは、確認しながら行いたいので簡単にし過ぎるのも確認漏れの原因になるのかなと。

    もちろんそんな心配のない人はいくらでも使って生産性を上げていただければと思います。

    本日はここまで!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    arrow_upward

    Top