MENU

clear
Zihuatanejo to me

ブログカテゴリー

最新の記事

メニュー

SNS

gitのインストール

目次

    gitのインストール

    こんにちは。フロントエンドエンジニアのキヨシ太夫です。

    今日はMacへのgitインストールを備忘録として書きます。

    とはいえ基本的にはコマンド一発の瞬殺作業ですww

    まあ何回もやるような作業ではないので覚えずらいということであくまで備忘録として!!

    gitのインストール

    gitとは

    gitとは

    プログラムソースなどの変更履歴を管理するバージョン管理システムのこと

    高校時代にサイト制作を独学で学んだ私としては、
    このバージョン管理システムとの出会いの衝撃は半端ではありませんでしたが、ここでは割愛ww

    バージョンを管理することはもちろんですが、MacにgitをインストールすることでGitHubとの連携もできます。

    GitHubとは、

    世界中の人々が自分のプログラムコードやデザインデータなどを保存、公開することができるようにしたサイト

    これまた独学でサイト制作を勉強をしている私としては、他人のコードを読むのってすごく勉強になるんです。

    世界中のエンジニアのコードを読むだけでなく、自分のPCにダウンロードすることもできるんです。

    便利な時代ですね。

    で、gitをインストールすることでgitコマンドをPCで使えるようになり、gitコマンドでGitHubからソースをダウンロードすることも可能になります。

    まあ、ソースをダウンロードするだけならGitHubサイトに直接行くこともできますが、やっぱり効率考えたらコマンドが楽ですよね!!

    git導入の流れ

    • 1.Xcodeのインストール
    • 2.command Line tools for xcodeのインストール
    • 3.Homebrewのインストール
    • 4.Gitのインストール

    gitをインストールする前に事前にインストールする必要があるソフトウェアがあります。

    上記のHomebrewのインストールまでは別記事に書いてますので、参考にしてみてください。

    Homebrewのインストール

    導入

    さて、Homebrewまでインストールできていたら、あとは瞬殺作業です。

    $brew install git
    

    以上ですww

    最後に

    gitのインストールは開発者にとっては必須だと思いますが、gitのインストール自体は何回もする作業ではないので備忘録として残しておきます。

    みなさんの参考になれば!!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    arrow_upward

    Top